NEWS

ニュース

中原八一新潟市長、新潟日報社様を表敬訪問

2019.03.09ホームタウン活動

いつもアルビレックス新潟レディースに温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。当クラブでは、3月8日(金)に奥山達之監督、上尾野辺めぐみ選手、川村優理選手、山本英明代表取締役社長が、中原八一新潟市長と新潟日報社様を表敬訪問しました。
 
 
午前に訪れた新潟市役所では、中原八一市長に今季の意気込みや抱負などをお伝えしました。チームには現在、新潟市出身の選手が7人在籍しており、川村選手もその一人。小さな頃の思い出など、懐かしさを感じながら歓談を楽しんでいました。今季故郷でプレーできる喜びを、より一層実感したことでしょう。最後は中原市長から「大きな目標に向かって頑張ってください」とチームに向けて激励の言葉をいただきました。ホームタウンをさらに盛り上げていくために、全力で一戦一戦を闘います。
 
午後からは新潟日報メディアシップを訪問し、小田敏三代表取締役社長にご挨拶しました。新潟日報社様からは、ユニフォームスポンサーとしてご支援いただいているだけでなく、日頃から紙面掲載などでも盛り上げていただいています。奥山監督が「どれかひとつタイトルを獲ること」を目標に掲げると、小田社長からは「一緒にお祝いできるように、我々も応援します」とありがたいメッセージをいただき、シーズン開幕へ貴重なひと時を過ごすことができました。スポンサー企業様、自治体の皆様と強く結びつき、アルビレックス新潟レディースは感謝の気持ちと共に今季も歩みを進めてまいります。