GAME

試合日程・結果

試合結果

2020プレナスなでしこリーグ1部 15節

2020年10月18日(日) 12:00キックオフ 会場:愛媛県総合運動公園球技場

アルビレックス新潟レディース
0 0 前 0 1
0 後 1
愛媛FCレディース
■得点者

83分 山口 千尋(愛媛L)

公式記録はこちら
試合映像はこちら

監督コメント

奥山達之監督

我々が何度もあったチャンスを決めきれず、相手は少ないチャンスをものにして、それが結果に表れてしまったゲームになりました。全体的に我々がゴール前に運ぶ回数の方が、相手がゴール前に運ぶ回数よりも多かったですが、最後に決めきるというところで差が出てしまいました。
 
ただ、ひとつひとつの反省点はもちろんありますが、チームとしてやろうとしていることの表現は、選手たちはしてくれていたと思います。良い部分と反省しなければいけない部分をしっかり見つめ直していきたいと思います。
 
(次戦まで期間が空くが、取り組みたいことは)守備に関しては、全体的にリーグの中で見れば、失点は少ない方だと思います。ただ、同じようなやられ方をしてしまっているところがあるので、ロングボールへの対応や準備などはしっかりやらないといけません。もったいないミスでの失点で泣くことは無くしていきたいので、改善する努力をしたいと思います。
 
(ノジマ戦に向けて)どのチームもいろいろな特徴を持っている中で、相手が取り組んでいることをしっかり抑えながら、良い状態で向かえるように2週間準備していきます。

選手コメント

上尾野辺めぐみ選手

前半はバタついたところもあったが、ゴール前でのチャンスは何度か作れていた。後半も自分たちの時間が続いていたが、点を取らないと一瞬のスキを突かれてしまうと痛感した。
 
今回は相手のホームというところもあって、前回の対戦時より相手が元気な感じはした。自分たちがやるべきことをやっていれば問題なかったが、ちょっとしたところでバタバタしたり、一瞬の判断でのミスが多かったので、もっとこれから改善していかないといけない。
 
(次戦まで2週間空くが)コンディションを整えてチーム全体でリフレッシュし、ノジマ戦に向けて今日の反省点とこれから伸ばしていきたいところをトレーニングして、勝点3を目指したい。
 
 

瀧澤莉央選手

相手のシステムにおいてできるスペースを使って攻撃していきたかったが、前半はボールを受けても下げてしまうなど、消極的なプレーになってしまった。後半は立て直して、相手のスペースを使ってボールを受けられるようにトライした。前での関わりを意識していたので、何回かチャンスを作ることはできた。
 
もう少しボールサイドに関わったり、フリーで受けたりしていきたかったが、相手が来たら焦ってしまい、ボールを取られてしまうこともあった。そこは課題だと思う。
 
(改善点などは)ボールを受ける前に、もう少し情報を収集して、自分がフリーで受け、パスを出した後も再度関われるように意識していきたい。残り4試合、まずは目の前の試合の勝点を積み重ねていけるように、自ら得点も意識しながら、チャンスメイクしていきたい。