GAME

試合日程・結果

試合結果

2020プレナスなでしこリーグ1部 6節

2020年08月22日(土) 18:00キックオフ 会場:新発田市五十公野公園陸上競技場

アルビレックス新潟レディース
2 1 前 0 0
1 後 0
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
■得点者

19分 児野 楓香(新潟L)
87分 オウンゴール(新潟L)
 

公式記録はこちら
試合映像はこちら

監督コメント

奥山達之監督

勝ちから遠ざかっていたので、嬉しくもあり、価値のある勝利だと思っています。今日は前線で起点を作る相手をどう抑えていくかということと、自分たちのビルドアップのところがポイントでした。トライしようとして前向きなミスが出ることもありましたが、その中で結果が出たのは良かったです。
 
楓香の先制点は素晴らしいゴールでしたし、2点目も押し込んだからこそ生まれたものだと思っています。守備面でも集中力を失わずに、無失点で終わることができました。これまで2-0から追いつかれたり、追い越された試合もあった中で、しっかり勝ち切れたことに価値があると思います。選手たちは最後まで集中してやってくれましたし、よくやったと言ってあげたいです。
 
(トライした部分は)リズムとテンポよくボールを動かすところ。相手のブロックが整っている状況だったので、ボール動かしてほころびが出るところを狙おうと考えていました。特にタッチ数などの制限を設けたわけではないですが、リズムよくボールを動かそうとは思っていました。
 
(反省点を挙げるとすれば)相手が押し込んでいる時間でも、守備で狙いを持ってどこで奪うのかというところは、まだまだ課題だと思っています。ある程度動かされていても、奪うポイントを狙って、実際にボールを奪うシーンは増やしていきたいです。 あとは攻撃でももう少し落ち着いてボールを動かせると思うので、そういった部分も質を上げていきたいと思っています。

選手コメント

川村優理選手

前節は相手に合わせてサッカーをしてしまい、簡単にロングボールを蹴ってボールを失っていたので、今日はチームとしてボールを動かすことにチャレンジにしようと話をして試合に入った。自分たちでボールを動かしながら、ゴールを迫る形を作れたのはよかった。
 
前半はボールを回しながら点を取れたことはよかったが、後半は押し込まれて自分たちの流れにできなかったこと反省点。一人の選手がボールを持つ時間が長くなってリズムができなくなったり、みんなが足元足元になってしまったりすることもあった。ボールを動かしながら、裏に出る選手がいたり、もっとシンプルにボールを動かせればよかった。ただ、苦しい時間帯をゼロに抑えられたことは、一つ成長できた部分だと思う。
 
(無失点で抑えた要因は)苦しい時間帯にみんな体を張れていたのも一つだし、前節と前々節の反省を活かせた部分もある。ホームで勝ちたい気持ちをみんなプレーに出せていたことがよかった。
 
(まだまだ暑い中での試合が続くが)体力の消耗が大きい状況の中で、どれだけみんなが気を利かせて、頭を動かしていい立ち位置取ってボールを動かせるかが大事になる。
 
課題も出たが、勝って反省できるということは良いこと。次はもっと自分たちでボール動かして、いい形で得点できればいい。(浦和には)前回悔しい形で負けている。自分たちのサッカーをしっかり表現できればいい結果もついてくると思うので、相手云々ではなく、まずは自分たちのサッカーをすることを意識したい。
 
 

児野楓香選手

ここ最近は勝つこと全然ができていなかった中で、勝つことができてすごく嬉しい。
 
(得点を振り返って)園田瑞貴選手から縦にボールが出て、難しい形だったが、ゴールに流し込むことができてよかった。瑞貴選手はドリブルもできて、パスも上手なので、自分は裏に狙う意識を持っていた。
 
(前線からの守備でも奮闘していたが)なかなか追加点が取れない中で、相手がロングボールを蹴ってくることはわかっていた。少しでもプレッシャーをかけて、簡単に蹴らせないようにたくさん走った。
 
今週一週間トレーニングしてきて、この勝点3が取れたのはすごくよかった。(次節に向けて)今日は早い時間帯に先制点を取れたが、追加点は遠かった。追加点を取ってチームが楽になるようなゲーム運びをして、次も勝点3を取りたい。