GAME

試合日程・結果

試合結果

2020プレナスなでしこリーグ1部 1節

2020年07月19日(日) 17:00キックオフ 会場:松島フットボールセンター

アルビレックス新潟レディース
1 0 前 0 0
1 後 0
マイナビベガルタ仙台レディース
■得点者

80分 園田 瑞貴(新潟L)
 

公式記録はこちら
試合映像はこちら

監督コメント

奥山達之監督

前半の最初は相手のペースに翻弄される時間が続きましたが、前半の中盤くらいからは、どこに抜け道があるかにみんな気づき始めて、落ち着いて攻撃シーンを作ることもできたと思います。我々が対策としてやってきたこと、どうすれば相手の良さが消えるのかということに気づいたときから、いいサッカーができるようになりました。
 
後半もちょっとした修正をかけたら、すごくいい攻撃を仕掛けることができました。総力戦で行くということで、交代で入る選手もいい準備をしていました。そういう意味では、交代で入った選手が点を取ったのは、素晴らしいことでした。みんなで取った勝利だと思っています。
 
(新型ウイルスの影響について)本来何もない状況であれば心配しなくていいことを心配しなければいけなかったり、いろいろなストレスがあったのは正直なところです。ただ、そういうものを抜きにしても、選手たちはよくやってくれましたし、初戦の大変さを理解した上で試合に入りました。前半の最初少しぎくしゃくしたのは、初戦独特の難しさがあったのかなとは思います。
 
(次節に向けて)自分たちが今までやってきたことを確実に出すことを継続していきたいです。今年は結果を求めなければいけない年だと思うので、また勝利に向けて一歩一歩やっていきたいと思います。

選手コメント

園田瑞貴選手

(得点を振り返って)メグさん(上尾野辺選手)が前を向いたときに、絶対に裏にボールが来ると信じていた。ちょうど裏に走ったらいいボールが来たので、決めるだけだった。
 
(監督からは)裏を狙っていけと言われていた。あとは、ボールが前に収まらない試合状況だったので、自分が何としてでも収めようと思っていた。
 
自分がゴールを決めて勝てたことは嬉しいが、みんなが最初から頑張ってくれていたから取れたゴールだったので、みんなに感謝したい。次節は浦和で強い相手だが、そこでも得点を取れるように頑張りたい。
 
 

川村優理選手

私自身、「開幕戦」というのが久々だったので、『どんな感じかな』と不安はあった。ただ、活動休止期間も含めて、みんなでチームとして、やるべきことをやり続けてきた。練習試合でもいいプレーは出ていたので、自信をもって臨むことができた。
 
前後半ともに立ち上がりは、仙台が勢いを持って入ってきたので、私たちもばたついてしまった。ただ、自分たちのリズムにできなかったが、その時間をゼロに抑えることができた。その後、自分たちがボールを動かしたり、いい形を作れたり、狙い通り誘い込んでボールを奪うことができた。
 
いい時間帯に点を取ることができたこともあるが、試合終盤は気温も下がったことで、自分たちも余裕を持つことができた。ゼロで終わること、初戦を勝ち切ることがとにかく大事だと考えていた。(試合終盤はチームを鼓舞する姿が目立った)チームとして何をしなくてはいけないのか、どうやって試合を締めていくのかを考えながらプレーしていた。
 
自分のところでボールに触れることで、試合を落ち着かせることができた。ただ、その点は良かったと思うが、もっと(瀧澤)莉央とパス交換をして、FWにくさびのボールをいれたり、サイドチェンジをしたり、もう少し莉央といい関係を作れればいいと思う。
 
(次節以降に向けて)一試合一試合、90分を通して自分たちのサッカーを多く表現できるように、課題を改善しなくてはいけない。そこをやるだけだと思う。
 
 

上尾野辺めぐみ選手

初戦ということもあり、入り方はあまりいい印象ではなかったが、そこを耐えることができた。少ないチャンスではあったが、しっかりものにできたこところはよかった。
 
(アシストを振り返って)クリアボールが自分のところにきた時点で、(園田)瑞貴に預けるというのは考えていた。しっかりパスを通すことができたし、流し込んでくれてよかった。
 
(アウェイかつ人工芝で、やりづらさについては)思い切り滑ってしまい、キックのところも課題になってしまった。またしっかりトレーニングしていきたい。
 
(次節に向けて)開幕戦を勝利で終えることができたので、この勢いで連勝できるように頑張りたい。
 
 

山谷瑠香選手

リーグ開幕で初戦ということで、試合運びが難しくなることは想定していた中で、1点もぎ取って、最後はしっかりみんなでその1点を守り切ることができた。無失点で終われたことは、大きな収穫だったと思う。
 
(課題を挙げるとすれば)90分通してのメンタルの部分。最後集中が途切れて、押し込まれてしまう場面が何度もあった。最後まで全員が集中を切らさず、90分通してプレーしなければいけない。
 
(次節に向けて)今日の試合を勝てたことで、波に乗って次の試合も勝ちにいきたい。次もリモートマッチでの試合になるが、みなさんの応援の想いが力になるので、画面越しでも応援してくれれば嬉しい。