GAME

試合日程・結果

2021-22 Yogibo WEリーグ 第15節

2022年3月26日(土) 15:00キックオフ 会場:正田醬油スタジアム群馬

アルビレックス新潟レディース
1 0 前 0 0
1 後 0
ちふれASエルフェン埼玉
■得点者

56分 道上 彩花(新潟L)
 
 

詳しくはこちら

監督コメント

 

村松 大介監督

 
今日は勝ち点3を取りたいという強い気持ちをもってトレーニングで調整してきたので、僅差でしたが1-0で最後まで集中して勝ち取れて良かったです。
 
(今までなかなかできなかった1-0での勝利、無失点での勝利について)
最後まで守るところは守る。という課題が今まであった中で、今日は選手たちがそれをやり切ってくれたので、すごく良かったと思っています。
 
(守備について)
中盤のところで構えるだけでなく、アグレッシブにいくところは行く!もしだめだったら中盤のところで刈り取る。このやり方はトレーニングしてきたので、成果が出せてとても良かったです。
試合終盤のパワープレーは時間的にもしんどく、ゴール前に放り込まれたする時間も多かったですが、あそこで守り切れたことは大きかったです。
 
(1-0での勝利は、この先の試合にもいい影響を及ぼしてくれるのでは)
1-0で勝って勝ち点3を取れたことは大きいです。これまでもそうですが、(得点の)チャンスがないわけではないので、そのチャンスをものにするために日常の練習をもっとやらなくてはいけないと思います。今後シビアな試合になった場合は、そこが差として出てきてしまうので、そこを改善しながら、今日の勝利の勢いを次に繋げていきたいと思います。
 

選手コメント

平尾 知佳選手 

 

(無失点勝利について)
いつぶりか覚えてないくらい久々でした。キーパーとして無失点に抑えることを前から目標にしてるので、すごく嬉しかったです。

 

(足でシュートを止めたプレーは味方が重なっていて難しいように見えたが)
2人の選手の股を通ってきたボールでしたが、最近あのような角度からの練習をよくやっていたので、慌てずに、いいポジションにいれば止められると思っていました。日頃の成果が出た場面だったので良かったです。
 
(一回切ってラインを上げろ!という指示をしていたと思うが、その辺りは特に気をつけていたのか)
責められる時間帯はラインが低い状態なので、押し込まれてる感がすごく出てしまいます。その時にライン をあげる事によってゴール付近に入れさせないようにできるので、そこはすごく心がけていました。
 
(キャンプで守備を強化し、積み上げてきた中で、後半戦では後ろから見ていて良くなった部分はあるか)
前半戦は攻撃と守備の選手で考えがズレていることが多くて、攻撃陣はアプローチに行きたいけど、守備陣がラインを下げてしまうなど間延びが多かったと思います。
ですが、後半戦ではそこの意思の疎通ができるようになってきて、攻撃陣が行く時はしっかり守備陣も押し上げていけるようになってきたので、そこはすごい成長だと思います。ですが、3試合で3失点しているので、まだまだ改善する余地あると思います。
 

道上 彩花選手

 
(得点場面について)
今までの試合もそうですが、今日の試合も前半からいいクロスが上がってきていたので、そこは自分の強さを出すために、サイドに任せてクロスの飛び込みを待っていました。
サイドには良い選手が揃っている中で、良いクロスが上がってきていたので、それをもっと決めたかったです。相手も必死で守ってくる中で、際どい部分で得点できたことは自分のモチベーションにも繋がるなと思います。もっともっと得点を取れた部分もあるので、そこは突き詰めて次の試合に向けていきたいと思います。
 
(無失点勝利について)
1点取った後にバタついた場面がありましたが、守備陣含め全員で一丸となって守れたと思います。この勝利は次に繋がると思いますし、クリーンシートで勝てたことも自信になると思います。
それを助けられるように、やっぱり自分ももう2点3点と取れるようにチャンスをものにするのが課題かなと思っています。
 
(守備について)
キーパーもディフェンスも守ってくれていたので、点をとってチームを助けないといけないと思っていました。自分は守備が得意でもないので、その分も含めて頑張らなきゃいけないと思っていましたし、そのおかげで90分走り切れたと思います。
 
(得点後、安心したような表情をしていたが)
今までは外してもまたチャンスが来てくれていたので、やり続けたことが結果に繋がってほっとしました。あとは皇后杯も含めて公式戦でゴールが遠ざかっていたので、久しぶりのゴールで本当に嬉しかったのもありました。
 
(次の試合に向けて)
次はホームなので、しっかり勝ちたいです。また、この勢いを止めることなくチーム一丸となって次の試合に向けて準備していきたいと思います。