GAME

試合日程・結果

2021-22 Yogibo WEリーグ 第7節

2021年10月31日(日) 14:00キックオフ 会場:味の素フィールド西が丘

アルビレックス新潟レディース
0 0 前 1 2
0 後 1
日テレ・東京ヴェルディベレーザ
■得点者
12分 オウンゴール
72分 小林 里歌子(東京NB)

 

詳しくはこちら

監督コメント

 

村松大介監督

 
試合の入りもとても良く、自分たちの守備の形も作りながら、良い位置でボールを奪うことができていたので凄く良かったと思います。決定的な場面も作れていましたが、それをモノにできなかったところが今日は大きく、残念な試合の結果に繋がってしまったと思っております。
 
(1点取られた後は守備の位置などのゲームプランを変更せずに臨んだのか)
相手の動きに動じることなくスペースを埋めて対応していたので、このまま続けていこうと思いました。若干右サイドのところはうまくいってない部分もありましたが、選手を変えるよりも、ハーフタイム含めて修正をした方が良いと思い、そのまま続けていきました。
 
(ボールを奪ってもすぐに奪われる展開が多くなっていると思いますが)
ボールを奪ってもすぐに奪われてしまうという所は、奪ったら早く行かなければいけないというイメージを持ちすぎてしまっているかもしれません。
いつ奪うのか、今は奪いに行くべきかそれとも行かないべきか、奪った後はボールを大事に運ぶべきなのかパスを出すのかというところを全体のゲームの流れの中で見定めればそういうところは解決していくと思っています。
 
(攻撃面と守備面どちらの方が課題だったか) 
組み立てのところでパスミスが起こったり、パスを選ぶ場所が悪かったりというのも原因ではありますが、一番は決定機をモノにできるかどうかというのが重要だと思います。普段から、相手のプレッシャーやストレスがある中でポゼッションをしていかなければいけません。そういう状況でも決めきるトレーニングをしていくしかないと思っています。
守備のところは本当に日に日に良くなっていると思うので、より良い形になるように積み上げていきたいと思います。

選手コメント

道上 彩花選手 

 

(前半30分過ぎのゴールキーパーと1対1になった場面振り返って)
自分のタッチが伸びてしまったのもあり、最終的に股を狙ったが、あの場面で決めきれなかったのは自分の実力なので、そこは悔しいの一言しかない。

 

(攻撃の際は道上選手が単独突破のような場面が多かったと思うが)
ラインを下げてやっていた中で、最前線で奪回までいかなくてもボールをおさめて味方が上がってくるのを待ってから攻撃するのも自分の仕事だと思うので、そこがあまり出来なかったというのは自分自身の責任だと思う。
 
(初出場の選手も居ましたが、声がけをすることはあったか)
 全くその必要も無かったし、どんどんいろんな選手が出てくる中でみんな一人一人の役割を果たしてくれている。
今日に関しては守備陣がゴールをしっかり守ってくれていたので、(このような試合になったのは)自分の責任だと思う。
 
 
( この2試合連続無得点と言う状況を打開するために、チームとしてどう取り組んでいくか)
まず今日みたいなチャンスを絶対ものにするっていのも大事だし、あとはゴール前にかける枚数をもっと増やしたい。
ワンチャンスをモノにするのは試合の中でしか出来ない部分もあるので次、次と結果を求めてやり続けるしかないと思う。
練習では、今のやるべきことをやり続けながら、質の部分も大事にしていきたいです。
 

田中 美和選手

 
(今シーズン初スタメンでしたが振り返ってみて)
緊張もあったが、やるしか無いなっていう気持ちで入った。
最初はなかなかうまくゲームに入れなかったが、
周りからの声とか、サポートしてもらったことで自分なりに落ち着いてプレーは出来たと思う。
ただやっぱり、細かなポジショニングだったり
コーチングとかはまだまだ課題だなと感じた。
 
(前半の失点後、自分やチームにはどの様に立て直して行こうとしたか)
失点してしまったが、得点のチャンスもあったので
前向きにみんなで声がけをしていた。
 
(負けが続いてしまっている現状をどう捉えているか)
今回、味方との距離感とかは別に悪く無かったかなと感じていて
やっぱり、チャンスがある中で決めきるところが課題かなと思う。