GAME

試合日程・結果

2021-22 Yogibo WEリーグ 第6節

2021年10月17日(日) 14:00キックオフ 会場:デンカビッグスワンスタジアム

アルビレックス新潟レディース
0 0 前 1 3
0 後 2
マイナビ仙台レディース
■得点者
25分 白木 星(マイ仙台)
64分 池尻 茉由(マイ仙台)

81分 池尻 茉由(マイ仙台)
 

詳しくはこちら

監督コメント

村松大介監督

ホームで勝ち点3を取りたいという気持ちは選手同様、私自身もとてもありましたし、いつもホーム戦は大事にしようと話していた中で、こういう結果になってしまったことは非常に残念で悔しいです。
試合の入りは良かったですが、相手のペースになったときに全体が後ろに下がってしまって、前へ行きづらい状況ができてしまったので、ハーフタイムはそこを持ち直していこうと送り出しました。しかし、後半は前へ行きたいという気持ちが強くて、戻りながらのプレーになって失点してしまいました。
流れの中でどういうプレーを選択していくかを次の試合に向けて選手とともにトレーニングを積み上げていかないといけないと思います。
 
(前半は良かった中で、その後リズムを失った原因)
試合の入りは良かったし、何度かボールを奪って前へ出ていけました。ですが、押し込まれている時に、ボールを外に出すなど相手の流れを切ることができず、連続して攻撃を受けてしまっていました。さらに相手は背後への抜け出しがうまいので、それを怖がって引いてしまい、なかなか前でボールを奪いに行けませんでした。そういう時に流れを取り戻すきっかけとなるプレーができなかったことが原因だったと思います。
 
(若手選手の起用について)
若手の選手たちは日々の練習をひたむきにやっていたので、チャンスを与えて試合で自分の持ち味を出してくれることで、チームは勝利しないといけませんが、選手自身がレベルアップをしてほしいと思いました。
失敗はありましたが、自分の持ち味を出してくれたと思いますし、この経験が財産となって成長し、チーム力がアップすることで、今回の悔しい敗戦を次回の勝利へと繋げられたら良いと思います。

選手コメント

高橋 智子選手

(今日の敗戦をどう受け止めていますか)
 
チームとしては、前半の最初は自分たちのやりたいことはできていた。ですが、給水が終わった後自分たちのミスから失点をして、流れを相手に持っていかれたために負けてしまった。
 
(キーパーからはどういう声掛けをしていたのか、また後ろから見ていてどうだったか)
自分たちがやりたい守備を徹底して、それを崩さないように声掛けをしていた。やりたい守備はできていたと思うが、自分たちのミスから相手に取られた場面が多く、その積み重ねが失点に繋がったと思う。
 
(初スタメンだったが、どのような気持ちで試合に臨んだのか)
チームのやりたいことは把握しているから、メンバーが変わってもやることは変わらない。ただ、失点をしないこと、チームを鼓舞する掛け声はもっとできたと思う。
でもその中で、試合の感覚を得られたことは自分にとって糧になったし、今回の改善すべきシーンは練習で意識してやっていくべきだと思う。 

道上 彩花選手 

(0-3という結果について)
スコアだけ見たら完敗だったと思うし、自分たちの力のなさを受け止めないといけないと思うが、その中でも収穫だったり、これまで出場していなかった選手がのびのびできていたりとプラスに捉える所もあったと思う。
チーム全員が結果を受け止めているが、過去のことは変えられないので、次に向かってどう行動していくかが大事だと思う。またみんなで力を合わせてやっていきたい。
 
(前半は良かったと思うが)
前半の途中まではゴールに向かっていたし、ボールを保持していた所もあった。ですが、そこでゴールを決められなかったのは課題だし、失点シーンも自分のミスから始まったのでそこは重く受け止めて、次に生かしてやっていきたい。
ミスが続くと失点が起きてしまうから、ミスが続かないように、またミスが出ても助け合って1つのミスで終われるようにというところを今後も意識してやっていきたい。
 
(得点のチャンスはあったと思うが)
どの試合でもチャンスはある。その中で決めきれなかったのは自分の力不足だと思う。
入る時は入るし、入らないときは入らないので、結果だけにとらわれず、自分のやるべきことを日々練習で積み重ねていきたい。