GAME

試合日程・結果

試合結果

2021-22 Yogibo WEリーグ 第2節

2021年09月20日(月) 14:00キックオフ 会場:NACK5スタジアム大宮

アルビレックス新潟レディース
1 1 前 0 1
0 後 1
大宮アルディージャVENTUS
■得点者
  7分 道上 彩花 (新潟L)
50分 髙橋 美夕紀(大宮V)

 

詳しくはこちら

監督コメント

村松大介監督

前節ホーム戦で悔しい思いをして今日アウェイを迎えました。もちろん勝ち点3を取りに来ましたが、結果は引き分けとなりました。しかし、この勝ち点1を決して悲観することなく、次節のホーム戦に繋げていきたいです。
 
(勝ち点1について)
当然アウェイでも勝ち点3を取りにいかなければいけないですが、勝ち点1を取ることも大事だと思います。ただ、ハーフタイムに後半2点目を取りに行こうと選手に話した中で、点を取れなかった部分についてはこれから修正していくべきだと思います。
 
(道上選手の先制点について)
前節はボールが収まらなかったり、シュートチャンスがあまりなかったりした中で、この1週間は本人もそこを意識して練習に取り組んでくれましたので、その結果が得点につながったと思います。また、道上選手が起点となって次のプレーに繋がっていくシーンも多く見られたので、今後のプレーも楽しみにしています。
 
(コンディションの戻り具合はどうだったか)
100%戻っているとは言えないですが、それに近い状態だったと思います。後半足が止まってしまっていた選手もいましたが、それでも90分間集中を切らさずに戦ってくれたと思います。あとはコンディションを100%に戻せるように引き続き準備をしていきたいと思います。

選手コメント

平尾知佳選手

(1-1という結果について)
早い時間に点を決めてくれた中で、キーパーとしては最後まで守り切れなかったので非常に悔しい試合だったが、この勝ち点1をプラスに考えて次節に向けて準備をしていきたい。
 
(失点シーンについて)
直接シュートを打ってくるだろうなと思って準備していたが、味方の足に当たったことで方向が変わり、自分も起き上がるのが遅れてしまったので、そこはまたトレーニングしていかないといけないと思う。
 
(ナイスセーブが多くみられたが)
前節3失点してしまったので、守備については背後からの抜け出しの対応などこの1週間練習してきた。特にシュートストップについては日頃からも練習をしていたので、今日はそこが発揮できてよかった。
 
(目標としている最少失点について)
2試合で4失点は少ないとは言えないが、まだ始まったばかりなので、常に無失点でいれるような守備をしたい。まだ最少失点という目標は諦めていない。

道上彩花選手

(シュートシーンについて)
北川選手からいいボールが来たので自分は触るだけだった。チームにはサイドアタッカーとして素晴らしい選手がいるので、ボールが来た時に自分の強みでもあるクロスへの飛び込みや相手がいても負けない所を出せてよかった。
 
(WEリーグ初得点はこれまでと重みが違うか)
どんな得点もチームが勝つためには大切なので、WEリーグになったからといってこれまでと重みは変わらない。ただ、今後も質の高いプレーやシュートを求められると思うので、そこはもっと観ている方々に見せないといけないと思う。
 
(暑い中での試合だったが、コンディションはどうだったか)
自分自身としてはいい状態で入れたし、前節より楽しんでプレーできた。最後少しバテテしまったところもあったが、自分が出せる最大限の力を出し切れたと思う。
 
(次節に向けて)
今日も勝ちたかったですが、勝ち点1を持って帰れたことは次に繋がるとプラスに捉えて、次節のホーム戦でしっかりと勝てるようにチーム一丸となって闘いたい。