GAME

試合日程・結果

試合結果

2019プレナスなでしこリーグ1部 第12節

2019年09月15日(日) 15:00キックオフ 会場:ノエビアスタジアム神戸

アルビレックス新潟レディース
 2 0 前 2  5
2 後 3
INAC神戸レオネッサ
公式記録はこちら
試合映像はこちら

監督コメント

奥山達之監督

試合の入りのところから良くなかったですし、あれだけ大きなミスを3回してしまえば、3失点してしまいます。今までできていたところを怠ってしまったのか、ミーティングでも「最後は自分たちが守る」という責任のところを伝えているにも関わらず、ちょっと人任せにしてしまったひずみが、最終的にミスにつながってしまったのかなと思います。
 
今まで失点が少ないという部分を強みにしてきたのに、自分たちの甘さでこうなってしまったのは少しもったいなかったと思います。しっかり締め直して、次の試合に向かいたいと思っています。
 
(守備で)今まで我慢できていたところでも、簡単に足を出してしまったり、飛び込んでしまったところをかわされてシュートを撃たれる場面がありました。そこはメンタル的なところの要素が強いと思っています。
 
前半はメンタリティのところで相手に臆してしまう選手が何人か出てしまったために、ボールを動かせない状況がたくさんありました。後半はしっかり立て直してトライしようという姿勢は見えたのですが、それでは遅いです。前半から自信を持ってプレーしないと、こういう結果になってしまいます。
 
ただ、攻撃のところでは、最後まで粘り強く点を取りに行くという意志を見せてくれた選手もいます。そういう気持ちの部分は大事にしたいですし、1回失敗したからといってダメというわけではありません。リバウンドメンタリティを持って次の試合に向かえるように、我々指導者が持っていかないといけないですし、本人たちも強くなってほしいと思います。

選手コメント

山谷瑠香選手

自分たちがボールを回しているときにディフェンスラインで慌ててしまう部分が多くて、ビルドアップがうまくいかなかった。ラインを上げることができなくて、相手に走られてしまって、自分たちが苦しい思いをする時間が続いた。今日は課題がたくさん出た試合だった。
 
相手に寄せられたときに、もっと自分も落ち着いてプレーできればよかったが、慌ててパスミスしてしまって、失点に絡んでしまった。そこは今後反省していきたい。
 
(得点場面は)相手も自分たちの動きを予測していたと思うが、うまく味方と連携してフリーになる状況を作れた。練習でもしっかり準備していたので、意図的なマークの外し方で得点できた。
 
今季初めて大量失点で負けてしまった。守備の部分をもう一度チームで見つめ直して、やるべきことはやらないといけない。攻撃に関しては、みんなで最後までゴールに向かう姿勢を見せられたと思うので、それは次節以降も続けていきたい。
 
 

川村優理選手

INACが前に前にプレッシャーを掛けてきていて、ボールを奪われた後の寄せも速かった。長いボールを蹴られたときに自分たちのラインが下がってしまって、自分たちがボールを奪っても、その後にボールをつなげなかった。一人ひとりがプレッシャーを怖がってしまった部分が、全部プレーに出てしまったと思う。
 
守備のところで誰がボールに行くのか、誰がカバーに行くのかがあいまいになってしまって、ズルズルとラインが下がってしまった。守備の疲れから、自分たちの攻撃のときに、一歩、二歩動いてパスコースに顔を出せなかったりして、悪循環になっていた。
 
今までのゲームではいい守備ができていて、失点も少なかった。それで負けなかったり、勝てたりしていたのに、なぜ今日できなくなってしまったのか、という思いはある。プレッシャーを掛けられたり、ドリブルではがされたりしたときに、バタバタしてしまったかなと思う。
 
後半立ち上がりに「前から行こう」と話していて、できていた部分もあったが、その矢先に失点してしまった。もったいない失点だったと思うし、90分間の中で自分たちがチャレンジしきれていない部分もあったと思う。
 
今日の負けは本当に悔しい。自分たちの力を出せたところもあるとは思うが、それを出せる時間を90分間の中でもっともっと伸ばしていかないといけない。なぜ失点してしまったのか、なぜズルズルとラインが下がってしまったのかをしっかりと考えて、改善すべきところを改善しないといけない。次はホームなので勝ち試合を見せられるようにやっていきたい。