GAME

試合日程・結果

試合結果

2019プレナスなでしこリーグ1部 第3節

2019年03月31日(日) 13:00キックオフ 会場:デンカビッグスワンスタジアム

アルビレックス新潟レディース
0 0 前 0 1
0 後 1
INAC神戸レオネッサ
公式記録はこちら
 
ハイライトはこちら

監督コメント

奥山 達之 監督

INAC神戸さんは技術の高い選手がいて、身体的なところも強い選手がいたので、簡単にいくとは思っていませんでした。ただ、その割には自分たちの攻撃の時間もありましたし、3試合目のこの試合に関しては、我々の攻撃が少しは表現できたかなと思います。守備もすごく良かったのですが、たった一回のチャンスでやられた感じはあったので、全体的には悔しいです。
 
自分たちのミスで招いたピンチを除けば、やられている感覚を持ったのは、(失点場面の)1回だけでした。それがサッカーの怖さなのですが、そういうところで決めてくるINACさんは上手いなと思いました。
 
(攻撃では)前半は足元足元のパスばかりで、体の動きもなくやっていたので、全部が狙われている状況になっていました。ハーフタイムにそこを改善して、出して自分が動いたり、誰かのために動くことを一回整理して送り出しました。後半は我々の時間もたくさんあったのですが、それは得点までは結びつけるところまではまだ遠いかなと思っています。
 
今回後半でできたことを、しっかり前半からできるようにして、セットプレーと自分たちで相手を崩して点を取ることの両面から相手を怖がらせていかないと、得点の数は増えません。次のカップ戦に向けて、選手たちと協力し合いながら改善していきたいと思います。

選手コメント

上尾野辺めぐみ選手

 
去年までもINACとの試合では押し込まれることが多かったが、今日は思った以上に自分たちがボールを動かせるシーンがあって、集中して守備もできていたと思う。ただ、INACは一回のちょっとしたスキを突いてくるチームなので、失点のところは本当にもったいなかった。
 
(守備について)ブロックを敷いて相手のパスコースを消すというよりは、しっかり相手と向き合いながら、寄せていって奪うという狙いだった。できている部分も、まだまだ改善しなければいけない部分もある。それをもっと全員でやっていかないと、自分たちが目指すサッカーは成り立たない。
 
(攻撃では)つなぎの部分やワンツーではがしたりすることはできたが、クロスやラストパスの精度を欠いてしまい、なかなかシュートまでは行けなかった。しっかりコミュニケーションを取って、連携を高めていかないといけない。(トップ下でのプレーが続いている)最初よりもボールに触る回数は増えているが、ゴールに近いポジションなので、もっとシュートも意識しないといけないと思っている。
 
結果はすごく残念だが、ネガティブになるような試合内容ではない。次はカップ戦だが、今日出た課題をトレーニングでしっかり直して試合を迎えられるようにしたい
 

瀧澤莉央選手

前半はなかなか自分もボールを受けられなくて、前に行けなかった。ただ、後半はボールに関われて、前にボールを送れたので、悪くはなかったかなと思う。相手の攻撃を遅らせることもできていて、危ない場面はあまりなかったが、それだけに失点がもったいなかった。自分たちが良い流れのときに点を取れていれば、また展開も変わったと思う。
 
(ボランチでのプレーが続いている)もっとボールに関わりながら、運動量を多くして裏にも出ていかないといけない。そこを次の試合までに改善して向かっていきたい。(阪口選手との連携は)萌乃さんの方が攻撃力があるので、基本的には萌乃さんが前に出て、自分がバランスを取るイメージ。自分が上がったときは萌乃さんがカバーしてくれているので、いい感覚でできていると思う。
 
(次戦に向けては)カップ戦でも上に行けるように、一戦一戦落とさず、勝利を目指して頑張りたい。
 

山谷瑠香選手

相手がスピードのある選手はサイドに置いて、自分の背後を狙ってきている感じはあった。相手の10番に対しては(園田)瑞貴との関係の中で、高い位置を取っているときは自分が付いて、低い位置を取っているときは瑞貴が付くようにしていた。相手のサイドバックが高い位置を取ってくることもあったが、試合中に修正しながら、マークを受け渡しをすることを意識していた。
 
ずっと攻められていたわけではなくて、自分たちもやれていた部分はあった。去年までに比べれば、ゴールの近くまで行ける場面も多かった。ただ、シュートを撃つべきところでパスを選択してしまったりしたところがあった。シュートを撃つと何が起こるか分からないし、もっとシュートシーンを増やさないといけない。
 
自分自身プレーしていて、少し迷いながらやっていたところがあった。どこで行かせるのかを前からはめていかないと、ボールが奪いづらくなる。後ろからもっと声を掛ければ、前の選手がもっと楽になると思うので、難しいところではあるが、いい声掛けができるようにしたい。
 
無失点で終われば負けることはないし、あとは攻撃のところで個人個人がシュートを撃つことと、攻撃の幅を広げることが大事、もっと得点の可能性を上げられるようにしていきたい。
 

平尾知佳選手

前半はみんなが思うように攻撃できなかった。立ち位置はいいのに、ボールを動かすのが一個遅かったり、パスの出しどころを迷っていた場面があった。後半になってからはボールを動かせるようになって、チャンスもつくれたが、そこで決めきれないのがチームの課題。みんなが頑張って攻撃してくれている中で、失点してしまったのは守備のミスなので、もっと守備陣でコミュニケーションを取ってやっていきたい。
 
(失点場面は)モモさん(左山選手)をサイドに行かせるか行かせないかを迷ってしまった。最終的に中にボールを入れてくるので、クロスへの守備が強いモモさんやヒョギョンを、真ん中でマークにつけさせれば良かったかもしれない。自分自身もファーへの反応が遅れてしまったので、そこをもっと早くしていきたい。
 
やっていることは間違いなくいい方向に向かっている。(明日から代表遠征だが)自分自身も代表でいろいろ学んで、チームに還元できたらいいと感じている。